こおし小幡緑地治療院|あん摩マッサージ指圧・はり・きゅう|名古屋市守山区

三療師(さんりょうし)の国家資格者が一人ひとりに合った施術をご提供する、こおし小幡緑地治療院。

こおし小幡緑地治療院|はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧|名古屋市守山区

ホーム ≫ お知らせブログ ≫

ブログページ

G.Y様 ご来院ありがとうございます。

IMG_5049

G.Y様 ご来院頂きありがとうございます。
G.Y様は、ふくらはぎの痛みで来院されました。

 

ラグビーをされていて、常に左右のふくらはぎに張りがあり、当日のラグビーの練習で左のふくらはぎを痛めたとの事。

ご本人によると肉離れとの事で、これまで肉離れは何度か経験されており、鍼治療で改善されたとのことでした。

 

患部に発赤や熱感、腫脹、筋肉の陥凹などはありませんでしたが、外傷当日ですので、夜に痛みや腫れが現れることがあることを納得頂いた上で施術しました。

 

治療は、まず、ふくらはぎの筋肉を支配している神経(脛骨神経)に鍼通電を行い、ふくらはぎ全体のマッサージを行いました。

更に、ご本人の希望により、肉離れ患部への鍼(単刺術)も引き続き行っております。

鍼治療はスポーツ障害の早期完治のサポートが可能です。
スポーツ選手のお役に立てればと思っております。 またのご来院をお待ちしています。

 

2021年08月31日 17:35

T.I様 ご来院ありがとうございます

iwakoshi comment

T.I様、ご来院ありがとうございます。
T.I様は、頸から肩、背中にかけての倦怠感で、ご来院されました。

 

頭痛はないそうですが、常に頸、肩、背中が怠く、この様な症状が3年程前から続いているそうです。

 

アレルギーの既往があり、これと今回の症状との関連は定かではないですが、頸肩背中の筋肉の張りも強いことから、今回は、これらの筋肉を解して、症状の改善を図ることにしました。

 

治療は、ご本人のご希望もあり、鍼(単刺)を中心に行いました。

 

皮膚炎や肌荒れがある場合、鍼が皮膚を切る際に痛い場合があります。

また、アルコールで消毒しますので、皮膚表面の皮脂等を拭き取ってしまいす。そのため、刺激に過敏になり、痒くなったりヒリヒリしたりすることがありますので、可能でしたら、帰宅後、保湿などの対処をしてください。

また、いつでもお体の悩みをご相談ください。

2021年08月30日 15:30

電話受付時間変更

電話受付時間を午前8時30分からに変更しました。

変更後)

  電話受付
   水曜日以外;8時30分-18時
   水曜日  ;8時30分-14時
   日祝定休
   電話番号; 052-718-4705

 (ホームページ上一部変更できていない箇所がありますがこの情報が最新です)

2021年07月10日 10:41

2020東京五輪開催により変更になる祝日の営業について

2020東京五輪開催により変更になります祝日について
当院では下記のように、オリジナルの暦通り営業いたします。

 7/19 (海の日)       定休日
 7/22 (海の日振替)     営業日
 7/23 (スポーツの日の振替) 営業日
 8/9  (山の日の振替)    営業日
 8/11 (山の日)        定休日
 10/11(スポーツの日)    定休日

東京五輪の安全な開催と選手のご健闘を祈願いたします。

また、皆様のご予約をお待ちしております
2021年07月02日 09:02

肉離れと鍼治療

1460872_s
スポーツ中に起こりやすい肉離れは、太ももの裏側(ハムスト リングス)、ふくらはぎ(腓腹筋)、太ももの前面(大腿四頭筋)に多く起こり、筋肉が無理に引き伸ばされたときに肉離れは起こります。その原因は関節柔軟性の欠如、屈筋と伸筋のアンバランスなど様々な 要因が考えられます。
この肉離れになると、運動は制限され、回復するまで程度によりますが、1か月程必要になります。
当院では、この肉離れに対して、筑波大学式低周波鍼通電療法を用い、鍼に低周波の電気を流すことにより、筋肉の血流を良くし、筋肉を肉離れ前の状態に通常より早く回復させることも可能です。怪我の状態から早期にスポーツ復帰が出来るようにサポート致します。
また鍼治療は、肉離れだけではなく、いろんなスポーツによる怪我から早期回復にサポートできる治療法です。
2021年06月19日 14:41

営業時間変更のご連絡

img227
誠に勝手ながら、本年、令和3年より営業時間を変更させて頂きます。
(水曜日と木曜日の営業時間入れ替え)

【新しい営業時間】
 午前/ 9~12時(月~土曜)
 午後/ 2~7時(水曜以外)
     1~3時(水曜)

これにより受付時間も変更になります

【新しい受付時間】
 9~18時(水曜以外)
    9~14時(水曜)

以上 ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。
 
2021年01月05日 17:35

A.H様 ご来院ありがとうございます

ヒラツカ様コメント

A.H様は、腰痛でご来院されました。治療は、鍼(単刺)を中心に行いました。


2日程前に、洗面台で前かがみになった時に痛みを感じ、以後、腰を捻ったときや立ち上がるときに痛みを感じるようになったそうです。

それ以前は腰痛はなく、現在、右の足裏の皮が剥け治療中で、それをかばっているうちに腰が痛くなったのだろうとのことでした。

 

痛む場所は、腰の右側、骨盤の上縁の奥辺りでした。

腰右側、骨盤上縁に加え、腰骨の03~5番の両脇にも圧痛がありました。

背骨にS字カーブの大きな乱れや側弯はなく、また、肋骨下縁と骨盤上縁との間隔も狭くなってはいませんでした。


今回のように、他の部位をかばっている場合は、その元を治す事が重要ですが、それは治療中ですので、腰の痛い場所や圧痛、凝りのあるところを中心に鍼で刺激して解し、その後、解した筋肉をストレッチして、関節の動きを改善し、動作に伴う痛みを鎮めていくようにしております。

ご来院ありがとうございました。お体の痛み、悩みの際は、弊院へいつでもご相談ください。

2020年11月21日 16:57

M.N様 ご来院ありがとうございます

中田美穂様コメント

M.N様は腰が痛いとの事でご来院されました。腰の両脇が痛いとの事でした。

普段定期的にリラクゼーションに通われているそうで、日常生活動作に支障をきたす程の痛みではないそうですが、今回鍼治療を試したいとの事でした。

筋肉は比較的解れてはいますが、背骨は背中の下部から腰の上部に掛けて円くなっており、腰下部の背骨の両脇に圧痛が顕著でした。

治療は、ご希望通り、鍼(単刺)を中心に行いました。


一般的に、腰掛けているときや床に座っているときに、背中を円めていると、肋骨と骨盤との間が狭くなり、その部に腰骨から大きく横に突き出した突起もあり、これらの骨により圧迫を受けることにより、腰の脇の痛みが生じるようになることが考えられます。

また、背骨の背中から腰上部が円まったまま固まると、今度背筋を伸ばしたときに腰下部の背骨が過剰に反ることになり、腰下部を痛める原因になる事が考えられます。

筋肉の凝りを解した上で、これらの関節の動きも改善し、正常な位置に戻るように治療していきます。

またのご来院をお待ちしております。

2020年11月20日 16:25

T.Y様 ご来院ありがとうございます

横田さんコメント

T.Y様は腰痛でご来院されました。

重い物を持ち上げる事の多い仕事だそうで、年に1~2回は腰を痛めるそうです。

今回は、一週間程前に痛め、整骨院に通われたそうですが、改善しなかったので、鍼をとの事でしな。

日常生活に差し支える程ではないが、仕事で重い物を持ち上げるのには不安があるそうです。

治療は、ご希望通り鍼を中心に行いました。

 

この様に、同じ症状を繰り返す場合は、定期的にご来院されて、予防をされる事が望ましいのですが、それが難しい場合でも、今回の様に症状の増悪の兆候を感じたら直ぐに治療される事をお勧めします。
またのご来院をお待ちしております。

2020年11月05日 10:35

M.T③様 ご来院ありがとうございます

田島さんコメント

M.T③様は今回、背中の痛みでご来院されました。

 

二日程前から、寝返りを打った時や前かがみになった時などに、背中の下部の右側が突然痛む様になったそうで、そうなったきっかけにも思い当たらず、また、これ迄に経験もないとの事でした。

治療は、マッサージで行いました。

 

この様な場合は、痛い部位を確認し、肋骨の骨折(ひび)を除外した上で、動作時だけの痛みなのか、呼吸に伴う痛みはないのか、どういう動作で痛むのか・・・と、筋肉の異常だけでなく、背骨の関節の問題や肋間神経痛も考慮して診ていきます。

お体の悩みは、いつでもご相談ください。早く症状が根治する様に精一杯努めさせて戴きます。
またのご来院をお待ちしております。

2020年11月04日 10:20

名古屋市|はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧

こおし小幡緑地治療院

〒463-0007
愛知県名古屋市守山区
松坂町234-1
アソルティ小幡緑地1階

052-718-4705

電話受付
8時30分-18時(水曜以外)
8時30分-12時(水曜)
日定休、水祝不定休

サイドメニュー

モバイルサイト

こおし小幡緑地治療院スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら